skip to Main Content

Otellの想い

働く場所の検索から、自分らしさの探索

今、「働く」と「生きる」の境界線が、どんどん薄まっている。
万人の正解はない中で、
働き方も、休み方も、自分に合うものを探していく時代。

だから私たちは、「自分最適に働ける場所」を提供する。
そして働き方を起点に、
自分らしい生き方の探索と実現をも叶えていきたい。

otell_bike_17

大切にしていること

働く人に寄り添った”ワーケーション”を

「ワーケーション」は、「ワーク+バケーション」という複合語なだけあり、関わる領域が多く、働き方改革、経済成長、観光促進、地方創生etc…など様々な領域の課題に複合的にアプローチできる可能性を持っています。

しかし、様々なセクターが同時に変化を進めていかないと、実現できるものもできなくなる、と私たちは考えます。会社の目線、利用者の目線、宿泊施設の目線、行政の目線、などそれぞれが息を揃えて進んでいく必要があります。

Otellはその中でも第一に、ワーケーションを利用する「働く人々」の意見に寄り添います。「もし仕事がろくにできない場所だったらどうしよう…」「結局仕事ばかりでリフレッシュできないかも…」「仕事目的でそこまで金額をかけるのは難しい…」などの声にお応えし、すべてのホテルで仕事環境を整え、海の近くや温泉付きの宿を多く選定し、ゆったり過ごせる連泊プランを、手の届きやすい金額で提供します。

「もったいない」を巡らせる

日本にはすでに多くの宿泊施設があり、また雄大な自然や、歴史ある温泉など、素晴らしい場所が多く存在します。一方で、多くの人が都市部に集中し、必要以上のストレスを感じているのではと考えます。私たちは、資源を使って新しいものを0から作り出すのではなく、すでにある宿泊施設を活かして新しいワークスペースを生み出すということにこだわります。季節によっては遊休スペースとなる「平日の客室」を利用することで、宿泊施設にとっても、利用者にとっても、3方良しとなるモデルを提案します。

私たち自身が自由に、主体的に

Otellのメンバー自身が、「自由な場所で働く」ことを重視します。東京だけでなく埼玉、千葉、神奈川、さらには関西や九州、海外と、様々な場所で暮らしながら仕事をしています。働く場所を自分で決めることだけではなく、働き方も自分で決めていく風土があり、メンバーが主体的に決定することを歓迎しています。

中心メンバー

富士 茜音

  • 2020年 Gaiaxに入社 スタートアップスタジオ所属
  • 2021年3月 「Otell」をローンチ

Otell利用者の方から「ワーケーションにいきたいけれど、もし会社に呼び出されたらどうしよう」「家族になんて説明したらいいだろう」などのご意見を多く伺います。私はこのような声が少なくなればいいな、と思っています。テレワーク周辺技術の発展が著しいですが、より豊かな働き方、自分らしい働き方を目指すには、技術だけでなく「人々の信頼関係」が強固になる必要があります。Otellが多くの方の後押しをできる仕組みづくりを担っていければと思っています。
(Twitter:@fuji_akane)

千葉 憲子

  • 新卒からITシステムの営業と営業企画を担当
  • 2018年 Gaiaxに入社 社長室長/Otell渉外担当責任者
  • 長野県塩尻市 特任CCO (Chief Communication Offiser)
  • 日本ワーケーション協会公認 ワーケーションコンシェルジュ

前職ではテレビ会議を扱っているのに、自社ではリモートワークが許されていないという現状に違和感を感じていました。その後、働き方が自由な会社でもあり、リモートワークや複業も推奨されているガイアックスに転職し、仕事を続けながら地元である長野とのゆる〜い二拠点生活を実践しています。「人生の大部分である仕事のオーナーシップを自分で持って、働く場所や時間を決めることは、その人の人生のオーナーシップを持つこと」だと思っています。そんな人が増えるお手伝いができれば嬉しいです!
(Twitter:
@Chiba_Noriko_1

大前直也

  • 2018年 Gaiaxにエンジニアとして入社
  • 2021年 Otellの開発責任者として参画

Otellのサイト開発やセキュリティ対策など、縁の下の力持ち的な役割なのに、チーム1番のいじられキャラ、それが私です。

一人暮らしをしていると、生活って本当に大変だと感じます。仕事しながらご飯作って、部屋掃除して、ゴミ出しして、トイレ、風呂、台所と言った水回りのお手入れ、買い物etc…ワーケーションなら、Otellなら、これらから解放される、というのが大きな価値の1つだと思います。日常の大変なことをホテルにお任せできて、かつ、ホテルだから非日常感だってある、そんな仕事環境って素晴らしいと思うんですね。日常をいつもよりハイクオリティにして働くことができる生活をみなさんが実現できるように、サイトがより使いやすくなるよう尽力していきます!

高砂好

  • 新卒で入社した会社の越境EC事業で企画・マーケティングを担当
  • 2021年 1月 自身で起業準備を開始
  • 2021年 7月 複業としてGaiaxに入社、Otellに参画

現在自分自身が関西からフルリモートで仕事をしており、Otellは他のメンバーも働き方は様々です。離れたところでも、他の仕事と両立しながらでも、それぞれの自由なスタイルで働くということは、十分実現できると実感しています。一方で、それができない環境も多いことを、友人やOtell利用者さんの声から理解しています。Otellは、働き方の探索から、自分らしさを探索するサービスです。「ずっとリモートワークなのに、家でしか仕事をしちゃいけない」「出社しないと仕事ができない」そういった環境の人が一人でも多く自分の生きたい場所で安心して働けるようになるようOtellがお手伝いできれば嬉しいなと思います。

矢野莉央

  • 高校在学中に起業を経験
  • 2021年 6月 インターンとしてGaiaxに入社、Otellに参画

リモートでの仕事には様々なメリットがあるとコロナ禍に入った頃から考えるようになりました。実際に自分が今現在フルリモートで働き、大学での学びと両立していることから、いかにリモートという環境はその人の人生に様々な機会を与えてくれるかということを認識しています。だからこそ、Otellを通じて多くのお客様に働く場所を提供することで、リモートワークによって自分の人生に様々な選択肢を得ることができたと思ってもらえるようになれば嬉しいなと考えています!特に私たちZ世代はこのようなリモートの環境は日常になりつつありますが、そういった時代だからこそできる「ホテルワーク」という新たな選択肢を多くの人に与えていきたいと考えています。

Otellは、株式会社ガイアックスのスタートアップスタジオを利用して立ち上がった事業です。上記のメンバーの他、様々な方の専門的サポートの元、活動しています。(Gaiax Startup Studioを見る

ご協力いただいている方からのコメント

日本ワーケーション協会 代表理事
入江 真太郎 様

ワーケーションのニーズは多様化する中で、Otellは「ホテルワーク」に特化して、エクストリームでなくゆったりと、地域交流も少なめのセグメントです。

そのため「仕事に集中したい」というニーズの方におすすめで、このニーズに特化させたサービスが殆どありません。その中でのOtellさんの事業へは今後も大きな伸びに期待しています。

在宅やオフィスだけの往復で仕事アイディアに煮詰まる方、気分を変えて篭ってみたい方。是非Otellを利用して、よりよいワーク&ライフを送ってください!

(Twitter:@irie_workcation)

Back To Top