skip to Main Content

仕事と休暇のどちらも体験できるワーケーションのデメリットとは?

今回は、デメリットによく挙げられる「通信速度」「セキュリティ」「費用」「仕事環境」「ワーク・ライフ・バランス」の5つに注目し、具体的な問題点と対策方法を紹介します。

 

こんな人におすすめ!

・仕事に集中できる環境を探すのは難しい
・デメリットの対策を考えるのがめんどう
・ワーケーションに適したホテルが知りたい

 

こんな方は、ぜひ参考にしてください。

目次

 

ワーケーションとは

ワーケーションとはワーク(仕事)バケーション(休暇)が組み合わさった言葉で、会社や自宅とは違う環境で、仕事をしながらリフレッシュもする過ごし方です。

政府機関がワーケーションを推奨

新しい働き方として、総務省や環境省、観光庁といった政府機関も推奨しています。各機関でワーケーションの魅力を発信したり、モデル実証事業の公募をしたりと活動的です。

ワーケーションのデメリット5つと対策方法

政府機関も力を入れているワーケーションですが、実施するときに注意すべきデメリットがあります。

次から紹介するデメリット5つと対策方法を参考にしてください。


デメリット1:通信速度が不安定な場合がある

ホテルのWi-Fiを利用する場合は、速度が安定しているとは限りません。

Wi-Fiが弱くてオンライン会議中にフリーズしたり、添付された資料のダウンロードに時間がかかったり、通信速度のデメリットは大きいです。

ホテルによっては、Wi-Fiより安定している有線LANのケーブルを設置しています。事前にホテルへ問い合わせるか、クチコミで通信環境を調べましょう。

通信速度のデメリット対策

・有線LANが利用できるホテルを選ぶ
・Wi-Fiの速度を問い合わせる
・ホテルのクチコミを確認する

Wi-Fiや有線LANの有無については、ホテルの公式サイトに掲載されていることが多いです。また、ポケットWi-Fiを準備するのもおすすめです。


デメリット2:セキュリティ対策が必要になる

公共のフリーWi-Fiに接続することはセキュリティ面にリスクがあるため、対策をしないまま使用するのは控えたほうがいいです。

ポケットWi-Fiの利用やアクセス権限の強化、接続先の名前(SSID)・セキュリティ情報を確認するといった対策をしましょう。

また、会社から貸出しされているパソコンやタブレットを出先で忘れたり、紛失してしまったりする可能性もありますよね。

もしものときに備えて、GPS機能や紛失防止タグの利用をおすすめします。パソコンや書類入れに貼れるシール型の紛失防止タグが便利です。

セキュリティのデメリット対策

・ポケットWi-Fiを利用する
・VPNを利用して暗号化する
・アクセス権限の見直しをする
・紛失防止タグやGPS機能を利用する
・接続先の情報を確認する

 

普段とは違う環境で仕事するワーケーションは、情報漏えいに注意が必要です。しかし、対策方法はあるため、在宅ワークと同様にワーケーション先でも業務ができます。

総務省に掲載されている資料が参考になります。


デメリット3:ワーケショーンは費用・コストがかかる

福利厚生として導入している企業はありますが、ワーケーションにかかる費用の負担は会社によって違いますよね。

「会社主催のワーケーションは会社が負担」や「休暇目的のワーケーションは従業員が負担」など、規定はさまざまです。

負担を減らすなら、補助金を出している自治体を利用しましょう。

他にも1泊あたりの料金が安くなったり、無料のオプションがついたりする、お得な連泊プランを提供している宿泊予約サービスやホテルもあります。複数のサービスとホテルを比較するのがおすすめです。

費用・コストのデメリット対策

・自治体の補助金を利用する
・連泊プランを利用する
・複数の予約サービス・ホテルを比較する

 

補助金制度は、企業と個人どちらも対象にしている自治体があります。
各県のウェブサイトを要チェックです!

お得に宿泊したい人は、平日連泊ホテルワークに特化したOtell(オーテル)がおすすめ。4泊5日19,800円(税込み)のプランなどが利用できます。


デメリット4:仕事環境が整っていない

机が狭くて仕事がやりづらい、椅子が硬くて長時間の作業は難しいなど、環境が整っていないとストレスを感じますよね。

ホテルだと作業しづらいイメージがあるかもしれません。

しかし、ワーケーションや出張をするビジネスマン向けに、仕事道具の貸出しや広めの作業デスクを準備しているホテルが増えています。

仕事環境のデメリット対策

・ホテルのプランや客室の詳細をチェックする
・ワーケーションプランがあるホテルを選ぶ

 

客室のタイプによって設備が異なる場合があるので、詳細の確認を忘れずにしましょう。

モニターやスタンドライト、テーブルタップといった会社に近い環境を用意しているホテルもあります。

 

デメリット5:仕事と休暇のバランスが難しい

ワーケーションしてみたけど集中できなかった、あまりリフレッシュできなかったという声を聞いたことがあります。

ワーク・ライフ・バランスがとれず、メリットを感じないまま中途半端に終わってしまう可能性も…。

ワーケーションは仕事メインと休暇メインの2つのタイプがあるので、重視したいほうにあわせて宿泊先を選びましょう。

ワーク・ライフ・バランスのデメリット対策

・仕事と休暇どちらをメインにするか決める
・タイプにあった宿泊先を選ぶ

 

仕事をメインにワーケーションするなら、コワーキングスペースを運営しているホテルや、モニターなどの仕事道具の貸出しが充実したホテルがおすすめです。

リフレッシュを目的にしているなら、温泉・サウナや散歩コースがあるホテルだと、メリハリのあるワーケーションになります。


ワーケーションの効果・メリットとは

デメリットばかり紹介してきましたが、ワーケーションは得られるメリットも大きいです。

・仕事のモチベーション向上につながる
・時間の使い方を考え直すきっかけになる
・リフレッシュすることでストレスが軽減

生産性のアップや新しいアイディアの発見など、業務効率の向上がワーケーションのメリットです。

個人だけでなく、ワーケーション制度を導入している企業や地域があります。

導入・推進企業の例

・日本航空株式会社
・ユニリーバ・ジャパン
・株式会社野村総合研究所(NRI)
・サイボウズ株式会社
・株式会社内田洋行

導入・推進企地域の例

・和歌山県
・北海道北見市
・静岡県下田市
・新潟県妙高市
・長崎県五島市

ワーケーションを導入した理由

・柔軟性のある働き方を推進し、モチベーションの維持につながる
・地域との交流から得られる、ビジネス面のメリットがある
・社員や地域の人材育成を兼ねている

ワーケーションは個人だけでなく、企業や地域の3者にメリットがあるようです。

※観光庁の「新たな旅のスタイル」ワーケーション&ブレジャーを参照。

 

ワーケーションに適したホテル

デメリットで紹介した通り、快適なワーケーションをするにはホテル選びが重要になってきます。

ホテルを選ぶときにおすすめしたいのが、仕事環境の整った宿泊先を予約できるOtellです。

Otellをおすすめしたい理由

Otellは、机と椅子あり、机近くに電源あり、Wi-Fi(25Mps以上)ありの条件を満たしたホテルのみを掲載しているからです。

掲載している仕事環境の情報

・Wi-Fiの速度(客室・ロビー)
・Wi-Fiセキュリティ(WPS2以上)
・机のサイズ(幅・奥行き)
・スタンドライトの有無
・有線LANケーブル貸出しの有無
・テーブルタップ貸出しの有無
・モニターのサイズ・貸出しの有無
・ケーブルの種類

Otellのホテル詳細ページ

ひと目で仕事環境が整っているかがわかるので、わざわざ仕事環境の設備について問い合わせなくても済むのは助かりますよね。

ここまで詳しく仕事環境を紹介しているのはOtellならではのポイントです!

ぜひこの機会に、Otellで掲載しているホテル一覧をのぞいてみてください!

 

Otellいちおし掲載ホテルはこちら!

鬼怒川パークホテルズ

4泊5日 ¥27,280(税込)→今だけ!21,780(税込)
✔︎ 鬼怒川温泉駅から徒歩5分の好立地!
✔︎ 多種多様な湯船で館内にいながら湯巡り体験
✔︎ モダンなコテージ静かにゆったり

ホテルサンシャイン鬼怒川

4泊5日 ¥27,280(税込)→今だけ!21,780(税込)

✔︎ 足湯カフェでゆったりお仕事可能
✔︎ 客室からは鬼怒川を見下ろす贅沢な景観
✔︎ 大露天風呂やサウナでリラックス

仕事と休暇のどちらも体験できるワーケーションのデメリットとは?

今回は、デメリットによく挙げられる「通信速度」「セキュリティ」「費用」「仕事環境」「ワーク・ライフ・バランス」の5つに注目し、具体的な問題点と対策方法を紹介します。

 

こんな人におすすめ!

・仕事に集中できる環境を探すのは難しい
・デメリットの対策を考えるのがめんどう
・ワーケーションに適したホテルが知りたい

 

こんな方は、ぜひ参考にしてください。

目次

 

ワーケーションとは

ワーケーションとはワーク(仕事)バケーション(休暇)が組み合わさった言葉で、会社や自宅とは違う環境で、仕事をしながらリフレッシュもする過ごし方です。

政府機関がワーケーションを推奨

新しい働き方として、総務省や環境省、観光庁といった政府機関も推奨しています。各機関でワーケーションの魅力を発信したり、モデル実証事業の公募をしたりと活動的です。

ワーケーションのデメリット5つと対策方法

政府機関も力を入れているワーケーションですが、実施するときに注意すべきデメリットがあります。

次から紹介するデメリット5つと対策方法を参考にしてください。


デメリット1:通信速度が不安定な場合がある

ホテルのWi-Fiを利用する場合は、速度が安定しているとは限りません。

Wi-Fiが弱くてオンライン会議中にフリーズしたり、添付された資料のダウンロードに時間がかかったり、通信速度のデメリットは大きいです。

ホテルによっては、Wi-Fiより安定している有線LANのケーブルを設置しています。事前にホテルへ問い合わせるか、クチコミで通信環境を調べましょう。

通信速度のデメリット対策

・有線LANが利用できるホテルを選ぶ
・Wi-Fiの速度を問い合わせる
・ホテルのクチコミを確認する

Wi-Fiや有線LANの有無については、ホテルの公式サイトに掲載されていることが多いです。また、ポケットWi-Fiを準備するのもおすすめです。


デメリット2:セキュリティ対策が必要になる

公共のフリーWi-Fiに接続することはセキュリティ面にリスクがあるため、対策をしないまま使用するのは控えたほうがいいです。

ポケットWi-Fiの利用やアクセス権限の強化、接続先の名前(SSID)・セキュリティ情報を確認するといった対策をしましょう。

また、会社から貸出しされているパソコンやタブレットを出先で忘れたり、紛失してしまったりする可能性もありますよね。

もしものときに備えて、GPS機能や紛失防止タグの利用をおすすめします。パソコンや書類入れに貼れるシール型の紛失防止タグが便利です。

セキュリティのデメリット対策

・ポケットWi-Fiを利用する
・VPNを利用して暗号化する
・アクセス権限の見直しをする
・紛失防止タグやGPS機能を利用する
・接続先の情報を確認する

 

普段とは違う環境で仕事するワーケーションは、情報漏えいに注意が必要です。しかし、対策方法はあるため、在宅ワークと同様にワーケーション先でも業務ができます。

総務省に掲載されている資料が参考になります。


デメリット3:ワーケショーンは費用・コストがかかる

福利厚生として導入している企業はありますが、ワーケーションにかかる費用の負担は会社によって違いますよね。

「会社主催のワーケーションは会社が負担」や「休暇目的のワーケーションは従業員が負担」など、規定はさまざまです。

負担を減らすなら、補助金を出している自治体を利用しましょう。

他にも1泊あたりの料金が安くなったり、無料のオプションがついたりする、お得な連泊プランを提供している宿泊予約サービスやホテルもあります。複数のサービスとホテルを比較するのがおすすめです。

費用・コストのデメリット対策

・自治体の補助金を利用する
・連泊プランを利用する
・複数の予約サービス・ホテルを比較する

 

補助金制度は、企業と個人どちらも対象にしている自治体があります。
各県のウェブサイトを要チェックです!

お得に宿泊したい人は、平日連泊ホテルワークに特化したOtell(オーテル)がおすすめ。4泊5日19,800円(税込み)のプランなどが利用できます。


デメリット4:仕事環境が整っていない

机が狭くて仕事がやりづらい、椅子が硬くて長時間の作業は難しいなど、環境が整っていないとストレスを感じますよね。

ホテルだと作業しづらいイメージがあるかもしれません。

しかし、ワーケーションや出張をするビジネスマン向けに、仕事道具の貸出しや広めの作業デスクを準備しているホテルが増えています。

仕事環境のデメリット対策

・ホテルのプランや客室の詳細をチェックする
・ワーケーションプランがあるホテルを選ぶ

 

客室のタイプによって設備が異なる場合があるので、詳細の確認を忘れずにしましょう。

モニターやスタンドライト、テーブルタップといった会社に近い環境を用意しているホテルもあります。

 

デメリット5:仕事と休暇のバランスが難しい

ワーケーションしてみたけど集中できなかった、あまりリフレッシュできなかったという声を聞いたことがあります。

ワーク・ライフ・バランスがとれず、メリットを感じないまま中途半端に終わってしまう可能性も…。

ワーケーションは仕事メインと休暇メインの2つのタイプがあるので、重視したいほうにあわせて宿泊先を選びましょう。

ワーク・ライフ・バランスのデメリット対策

・仕事と休暇どちらをメインにするか決める
・タイプにあった宿泊先を選ぶ

 

仕事をメインにワーケーションするなら、コワーキングスペースを運営しているホテルや、モニターなどの仕事道具の貸出しが充実したホテルがおすすめです。

リフレッシュを目的にしているなら、温泉・サウナや散歩コースがあるホテルだと、メリハリのあるワーケーションになります。


ワーケーションの効果・メリットとは

デメリットばかり紹介してきましたが、ワーケーションは得られるメリットも大きいです。

・仕事のモチベーション向上につながる
・時間の使い方を考え直すきっかけになる
・リフレッシュすることでストレスが軽減

生産性のアップや新しいアイディアの発見など、業務効率の向上がワーケーションのメリットです。

個人だけでなく、ワーケーション制度を導入している企業や地域があります。

導入・推進企業の例

・日本航空株式会社
・ユニリーバ・ジャパン
・株式会社野村総合研究所(NRI)
・サイボウズ株式会社
・株式会社内田洋行

導入・推進企地域の例

・和歌山県
・北海道北見市
・静岡県下田市
・新潟県妙高市
・長崎県五島市

ワーケーションを導入した理由

・柔軟性のある働き方を推進し、モチベーションの維持につながる
・地域との交流から得られる、ビジネス面のメリットがある
・社員や地域の人材育成を兼ねている

ワーケーションは個人だけでなく、企業や地域の3者にメリットがあるようです。

※観光庁の「新たな旅のスタイル」ワーケーション&ブレジャーを参照。

 

ワーケーションに適したホテル

デメリットで紹介した通り、快適なワーケーションをするにはホテル選びが重要になってきます。

ホテルを選ぶときにおすすめしたいのが、仕事環境の整った宿泊先を予約できるOtellです。

Otellをおすすめしたい理由

Otellは、机と椅子あり、机近くに電源あり、Wi-Fi(25Mps以上)ありの条件を満たしたホテルのみを掲載しているからです。

掲載している仕事環境の情報

・Wi-Fiの速度(客室・ロビー)
・Wi-Fiセキュリティ(WPS2以上)
・机のサイズ(幅・奥行き)
・スタンドライトの有無
・有線LANケーブル貸出しの有無
・テーブルタップ貸出しの有無
・モニターのサイズ・貸出しの有無
・ケーブルの種類

Otellのホテル詳細ページ

ひと目で仕事環境が整っているかがわかるので、わざわざ仕事環境の設備について問い合わせなくても済むのは助かりますよね。

ここまで詳しく仕事環境を紹介しているのはOtellならではのポイントです!

ぜひこの機会に、Otellで掲載しているホテル一覧をのぞいてみてください!

 

Otellいちおし掲載ホテルはこちら!

鬼怒川パークホテルズ

4泊5日 ¥27,280(税込)→今だけ!21,780(税込)
✔︎ 鬼怒川温泉駅から徒歩5分の好立地!
✔︎ 多種多様な湯船で館内にいながら湯巡り体験
✔︎ モダンなコテージ静かにゆったり

ホテルサンシャイン鬼怒川

4泊5日 ¥27,280(税込)→今だけ!21,780(税込)

✔︎ 足湯カフェでゆったりお仕事可能
✔︎ 客室からは鬼怒川を見下ろす贅沢な景観
✔︎ 大露天風呂やサウナでリラックス

Back To Top