skip to Main Content

事後還付の条件

以下の条件のすべてにあてはまる場合、事後還付手続きの申請をしていただくことで全国旅行割による支援(旅行代金の40%分の還付)を受けられます。また、 全国旅行割による支援の基準となる「旅行代金」には、別途現地(宿泊施設)でお支払いいただく入湯税は含まれませんのでご注意ください。

<事後還付手続きの対象となるご予約の条件>

  • チェックイン日が2022年10月11日以降のご予約である
  • チェックアウト日が2022年12月下旬までのご予約である(※1)
  • 全国旅行割参画事業者である宿泊施設のご予約である(※2)

※1 事業がいつまでかは都道府県によって異なります。チェックアウト日が12月20日までの宿泊分であれば事後還付手続きの対象となる都道府県が多くなっております。以下の都道府県は12月28日のチェックアウトまでが対象となります。
栃木県、石川県、沖縄県(Otellに掲載のある都道府県のみ記載)

※2 11月5日(土)0:00以降の東京都に位置するホテルの新規予約は「全国旅行割」の補助金の対象外となります。ご注意ください。
また現在、岐阜県に位置するホテルも対象外です。

事後還付の方法

事前に施設に伝達する必要があるため、必ずチェックイン前日までに申請をお願いいたします。

<申請フォーム>
ご記入項目:お名前、チェックイン日、当日チェックイン時の確認事項、お振込情報、県ごとの同意書(必要な都道府県のみ)

※申請内容確認は、チェックイン日程が近い方から順に行いますので、申請後すぐには行われません。申請内容が誤っていないかどうかの確認は問い合わせをいただいてもできかねますので、ご自身が申請要件を満たしているかをよくご確認ください。

※1室2名でご予約されている場合は、代表者のみの申請で問題ありません。ただしワクチン接種確認、本人確認は、ご宿泊者全員が対象となりますのでご注意ください。

※ご不明点がありましたら、FAQをご確認の上、公式LINEよりお問合せください。

FAQ

申請後、Otellから連絡はありますか?

申請後、以下のタイミングでご連絡いたします。

1.「事後還付手続き【申請】フォーム」からのご申請受付時自動返信メール
ご連絡手段:Eメール
ご連絡先:ご申請時にご入力いただいた「ご連絡先メールアドレス」
ご連絡内容:ご申請の受付完了のご連絡、受付内容のご共有

2.ご申請が不適格条件に該当することが発覚した場合
ご連絡手段:Eメール
ご連絡先:ご申請時にご入力いただいた「ご連絡先メールアドレス」
不適格条件:事後還付手続き対象となるご予約に該当しないご予約に関するご申請/チェックアウト後のご予約に関するご申請/キャンセル済みのご予約に関するご申請/ワクチン接種確認が現地で行われなかった場合/本人確認が現地で行われなかった場合
ご連絡内容:ご申請が不適格条件に該当し、還付による給付金のお振込み手配を行なわない旨のご連絡

申請がチェックイン前日に間に合わなかった場合はどうなりますか?

チェックイン前の場合:申請いただいた上で公式LINEにてご一報ください。すぐにホテルに伝達いたします。
チェックイン後の場合:申し訳ございませんが、還付対象外となります。ご注意ください。

申請後入力内容の誤りに気がついた場合はどうすればいいですか?

公式LINEにてご一報ください。

本人確認・居住地確認のための書類は何が有効ですか?

次にその一例を示します。
マイナンバーカード、運転免許証、運転経歴証明書、旅券(パスポート)、在留カード、特別永住者証明書、海技免状等国家資格を有することを証明する書類、障害者手帳等福祉手帳、船員手帳、戦傷病者手帳、国または地方公共団体の機関が発行した身分証明書 など

ただし、上記書類を持っていない場合、以下に掲げる①と②の書類のうち、①を二つ又は①を 一つ及び②を一つの組み合わせであれば、氏名及び住所が確認できる書類として提示可能
①健康保険等被保険者証、介護保険被保険者証、年金手帳、年金証書等
②学生証、会社の身分証明書、公の機関が発行した資格証明書等

補助金が適用となる対象期間はいつまでですか?

対象期間は、次の国が要綱で定める事業期間内で、各都道府県が主体となり対象期間を定めます(事業期間内であっても都道府県の判断で新規予約の受付を停止することがあります)。補助金が適用となる対象期間は都道府県により異なりますので、必ず各都道府県の定めを確認ください。

【事業期間】
◆宿泊商品および宿泊を伴う旅行商品2022年10月11日(火)宿泊~2022年12月下旬

事業がいつまでかは都道府県によって異なりますが、チェックアウト日が12月20日までの宿泊分であれば事後還付手続きの対象となる都道府県が多くなっております。

以下の都道府県は12月27日のチェックアウトまでが対象と発表されております
栃木県、石川県、沖縄県(Otellに掲載のある都道府県のみ記載)

全国旅行割対象外の期間が日程に含まれている場合も対象となりますか?

期間内の日程のみ対象内となります。

ex.)12月28日チェックアウトまでが全国旅行割対象の栃木県のホテル
12月26日(月)〜30(金)までのご宿泊の場合、26日〜28日の2泊分のみ対象
事後還付金額:5,000円×2×40%=4,000円
地域共通クーポン:3,000円×2=6,000円

お支払いは通常通りの方法で問題ございません。(後日、政府から要請がある位場合は分けてお支払いを依頼する可能性がございます。その場合は一度お支払額を返金し、再度請求をさせていただきます。特に手数料等が発生致しませんのでご確認ください。)

申請後還付による給付金はいつ振り込まれますか?

ご申請内容に不備や確認事項がなかった場合、「事後還付手続き【申請】フォーム」からのご申請から1~2か月後に、申請時にお知らせいただいた口座に還付による給付金をお振込みいたします。

もし現地延泊分を追加予約し宿泊料金を支払った場合還付対象になりますか?

チェックイン後に現地でお支払いいただいた内容は対象外となります。地域共通クーポンをお渡しすることも難しくなりますので、ご注意ください。

還付対象のホテルかどうかはどのようにわかりますか?

東京都に位置するホテルは10/20より対象となります。その他の県に位置するホテルは全て対象となります。

旅行者が旅行当日、ワクチン接種確認や、本人・居住地確認書類の提示ができない場合はどうすればいいですか?

後日送付などでの提示は認められないことから、補助の対象外となります。返金が実施されませんのでご注意ください。

1室2名利用でも全国旅行割は適用されますか?

1室2名利用でも全国旅行割は適用となります。ただし、9月5日(水)以前にご予約された場合、1名1泊5,000円を下回るケースがございます。全国旅行支援の最低価格を下回りますので、適用外となります。ご確認のほどよろしくお願いいたします。

詳しくはこちらのページをご覧ください。

1室2名利用で、1名のみ全国旅行割は適用することはできますか?

1名のみでの利用も可能です。その場合、あらかじめ還付申請フォームにて利用者人数をお伺いする項目がありますので、そちらに人数をご記載ください。

Otellが提供するサービス、仕事環境、宿泊施設、食事情報などの一般的なFAQはこちら

Back To Top