skip to Main Content

ワーケーションとは、仕事(Work)と休暇(Vacation)を掛け合わせた言葉。観光地やホテルで仕事することで、はたして仕事の生産性は上がるのか?ワーケーションの具体的なメリットがよく分からないという人も多いはず。

ワーケーションで日々の疲れをリフレッシュできるのはもちろんのこと、1日の時間をより有効的に使えたり、新たな発見や人との出会いが仕事につながることも。

本記事では、ワーケーションを日々実践している筆者が感じるメリットを5つご紹介します。
ぜひワーケーションを実践して、5つのメリットを体感してみてください。

 

ライター:三川璃子(ミカワリコ)


フリーランスWEBライター・編集者
2019年に住居を手放し、ホテル・ゲストハウス暮らしを始める。宿暮らしにハマり「無拠点女子」というブランドを立ち上げ、全国各地の宿泊宿や地域のPR活動を行う。年間約100以上の宿・ホテルに滞在。

 

メリット①:家事の必要がなくなり、その分仕事に時間を費やせる

ワーケーションやホテルワークの最大のメリットは、家事をする必要がなくなること。家事の時間をすべて仕事の時間にまわせるので、その分生産性も上がります。

「今日はゴミの日だから、捨てに行かないと…」
「机周りが汚い…掃除してから仕事しよう」

なんて、在宅で仕事をしていると必然的に身の回りのことを考えたり、家事をしなくては仕事がはかどらない場面も多々。

ホテルなら、隅々まで掃除されたキレイな環境で、無駄なことを考えず仕事に時間を費やせます。
私も一人暮らしからホテルワークに変更して、圧倒的に仕事に使える時間が増えて生産性が上がりました。

時間は有限です。家事の時間と労力を省けるワーケーションのメリットはかなり大きいでしょう。

 

メリット②:非日常環境で集中力も着想力もアップ

自然を感じたり、家とは違う非日常を味わえるワーケーション。都会の喧騒や日常から離れることで、仕事のパフォーマンスは大幅にアップします。

いつもの日常とは違う空気やモノに触れることで、仕事につながる新たなヒントが見つかりやすいのもワーケーションのメリット。

自然や非日常を感じることで集中力や創造力が高まることは、カンザス大学の研究結果でも裏付けされています。

私はよく、自然が眺められる場所を選んで仕事をしています。本業のライティングで筆が止まってしまう時も、ちょっと外を眺めたり、いつもと違う空間で作業することで、素敵な言葉や文章が降りてくることも。

・最近在宅勤務でいまいち仕事がはかどらない方

・新しいアイデアが欲しいという

上記のような悩みを持っている方は、ぜひワーケーションに挑戦してみて欲しいです。
(参考:https://www.lifehacker.jp/2012/06/120620naturemeritte.html

 

メリット③:「遊び」を入れることで仕事のモチベーションが上がる

ワーケーションは、「遊び」と「仕事」の境界線があいまいになってしまわないか?」と不安の声もよく聞きます。
確かに言葉だけ聞くと、遊びが一緒になっているので、仕事がおろそかになりそうなイメージを持たれがちです。

ですが実際は、「遊び」や現地でしか味わえない「体験」があることで、むしろモチベーションが上がり、仕事のスケジューリングがしやすいメリットがあります。
「遊び」や「体験」の時間を1日の予定の中に組み込むことで、限られた時間の中で仕事を終わらせようという気持ちになるのです。

在宅勤務では、どうしても休憩時間や勤務時間の境目があいまいになりがち。ダラダラ作業を進めてしまったり、気づいたら残業しているなんてこともありますよね。

ワーケーションは、仕事と休みのオンとオフが切り替えやすくなります。例えば、都心から離れて過ごす場合「せっかく遠出したから夜は美味しいものを食べに行こう」「早めに温泉に入って、ゆっくりしよう」という思考に必然的になりませんか?

これが目移りして仕事の邪魔になると思う方もいるかもしれません。

しかし、実践者の私からすると「このご褒美があるからこそ今日の仕事が頑張れる!」というメリットを感じました。

ワーケーションは、普段よりもメリハリがつき、仕事にも身が入ります。

 

メリット④:偶然の出会いから、新たな仕事につながる

ワーケーションで利用するホテルやゲストハウスには、全国から人が集まります。会社では出会わないような職種の人や、旅人に出会えるのも、ワーケーションのメリットです。

ワーケーション中、部屋に一人でこもって集中する日もありますが、ラウンジで作業している時にふと会話が始まり、知り合うことも多々。

実際にフリーランスになってホテル暮らしをしてから現在も、宿で出会った方とのお仕事がほぼ6割。ワーケーションでの偶然の出会いから今の仕事につながっています。

では、どんな流れでワーケーション中に仕事につながるのか?

例えば…
一人でホテルワークをしていた時

相手「今日はお仕事でこちらに来てるんですか?」
私 「いえ、フリーランスで全国各地回ってまして」

から話が進み、お互いに仕事内容を共有する流れに。

お相手の方が新商品の開発でキャッチコピーとWEBサイトの文章に悩んでいることと、私の本業がマッチしたことで、その場でお仕事が成立。
同じ場所に宿泊して、同じ時間帯に仕事をしていただけですが、ちょっとした会話から新たなお仕事につながりました。

今やオンラインで完結できる時代ですが、リアルな出会いも重要です。直接面と向かってお話することで相手への信頼を勝ち取ることもできます。この方とは、一度お会いしただけですが、今でも継続的にお仕事で関わらせていただいています。

このようにワーケーションは、自身のリフレッシュ目的だけでなく新たな取引先やクライアントに出会えるビジネス的なメリットも多いにあります。

 

メリット⑤:気持ちを切り替えるきっかけになる

最近では、在宅勤務で鬱になる人が増えているようです。理由は、家の中の孤独環境やプライベートの充実が足りないことが挙げられています。

少し生き辛い世の中ですが、あなたの行動一つで気持ちを切り替えることは可能です。ワーケーションで日常から離れることで、鬱の要因になるものは排除できます。

”将来”や”家族”、”今後の仕事”についてなど、日々悩みは尽きません。しかし都心から離れ、自然に囲まれた環境に身を置くだけで、客観的に自分の悩みに向き合うことができます。

私は以前勤めていた会社で心を病んだ時に、3泊4日で一人山奥のホテルに宿泊したことがあります。家にいても悩みっぱなし時間ばかりでしたが、この旅行を機に気持ちを切り替えて「退職」を決意することができました。

悩みに向き合い、前に進むために気持ちを切り替えたい方にもワーケーションはおすすめです。いつもと違う環境に飛び込むのは勇気が必要ですが、きっと得られるものは大きいはず。

 

まとめ:4泊5日でワーケーションの5つのメリットを体感しよう

今回ワーケーション実践者である筆者が、5つのメリットをご紹介しました。しかし、これらは全て環境の揃った宿泊場所で感じたものであることを押さえておいてください。

Otellは月曜日〜金曜日の4泊5日プランをメインにご用意しています。
箱根や那須高原、銚子など、都内から約2時間以内で、海や山が見える宿泊施設が充実。WiFi環境やデスクなどの作業設備はもちろんのこと、温泉など宿泊施設内でリフレッシュできる環境が整っています。

私は、ネットの評価や口コミをリサーチしながら宿を決めるのがほとんどですが、作業環境が整っておらず失敗することも多々あります。

Otellなら環境確認が取れている施設プランのみを用意しているので、失敗せずに今回ご紹介したワーケーションの5つのメリットをすぐに感じられるでしょう。

また私のホテルワークの経験上、適度に人との交流ができ、自分を見つめ直す時間もとれる期間として4泊5日はピッタリです。初めてワーケーションに挑戦する人でも、無理なく楽しみながら仕事ができる期間だと思います。

ぜひワーケーションを実践して、5つのメリットを体感してみてください。
ホテル一覧へ

ワーケーションとは、仕事(Work)と休暇(Vacation)を掛け合わせた言葉。観光地やホテルで仕事することで、はたして仕事の生産性は上がるのか?ワーケーションの具体的なメリットがよく分からないという人も多いはず。

ワーケーションで日々の疲れをリフレッシュできるのはもちろんのこと、1日の時間をより有効的に使えたり、新たな発見や人との出会いが仕事につながることも。

本記事では、ワーケーションを日々実践している筆者が感じるメリットを5つご紹介します。
ぜひワーケーションを実践して、5つのメリットを体感してみてください。

 

ライター:三川璃子(ミカワリコ)


フリーランスWEBライター・編集者
2019年に住居を手放し、ホテル・ゲストハウス暮らしを始める。宿暮らしにハマり「無拠点女子」というブランドを立ち上げ、全国各地の宿泊宿や地域のPR活動を行う。年間約100以上の宿・ホテルに滞在。

 

メリット①:家事の必要がなくなり、その分仕事に時間を費やせる

ワーケーションやホテルワークの最大のメリットは、家事をする必要がなくなること。家事の時間をすべて仕事の時間にまわせるので、その分生産性も上がります。

「今日はゴミの日だから、捨てに行かないと…」
「机周りが汚い…掃除してから仕事しよう」

なんて、在宅で仕事をしていると必然的に身の回りのことを考えたり、家事をしなくては仕事がはかどらない場面も多々。

ホテルなら、隅々まで掃除されたキレイな環境で、無駄なことを考えず仕事に時間を費やせます。
私も一人暮らしからホテルワークに変更して、圧倒的に仕事に使える時間が増えて生産性が上がりました。

時間は有限です。家事の時間と労力を省けるワーケーションのメリットはかなり大きいでしょう。

 

メリット②:非日常環境で集中力も着想力もアップ

自然を感じたり、家とは違う非日常を味わえるワーケーション。都会の喧騒や日常から離れることで、仕事のパフォーマンスは大幅にアップします。

いつもの日常とは違う空気やモノに触れることで、仕事につながる新たなヒントが見つかりやすいのもワーケーションのメリット。

自然や非日常を感じることで集中力や創造力が高まることは、カンザス大学の研究結果でも裏付けされています。

私はよく、自然が眺められる場所を選んで仕事をしています。本業のライティングで筆が止まってしまう時も、ちょっと外を眺めたり、いつもと違う空間で作業することで、素敵な言葉や文章が降りてくることも。

・最近在宅勤務でいまいち仕事がはかどらない方

・新しいアイデアが欲しいという

上記のような悩みを持っている方は、ぜひワーケーションに挑戦してみて欲しいです。
(参考:https://www.lifehacker.jp/2012/06/120620naturemeritte.html

 

メリット③:「遊び」を入れることで仕事のモチベーションが上がる

ワーケーションは、「遊び」と「仕事」の境界線があいまいになってしまわないか?」と不安の声もよく聞きます。
確かに言葉だけ聞くと、遊びが一緒になっているので、仕事がおろそかになりそうなイメージを持たれがちです。

ですが実際は、「遊び」や現地でしか味わえない「体験」があることで、むしろモチベーションが上がり、仕事のスケジューリングがしやすいメリットがあります。
「遊び」や「体験」の時間を1日の予定の中に組み込むことで、限られた時間の中で仕事を終わらせようという気持ちになるのです。

在宅勤務では、どうしても休憩時間や勤務時間の境目があいまいになりがち。ダラダラ作業を進めてしまったり、気づいたら残業しているなんてこともありますよね。

ワーケーションは、仕事と休みのオンとオフが切り替えやすくなります。例えば、都心から離れて過ごす場合「せっかく遠出したから夜は美味しいものを食べに行こう」「早めに温泉に入って、ゆっくりしよう」という思考に必然的になりませんか?

これが目移りして仕事の邪魔になると思う方もいるかもしれません。

しかし、実践者の私からすると「このご褒美があるからこそ今日の仕事が頑張れる!」というメリットを感じました。

ワーケーションは、普段よりもメリハリがつき、仕事にも身が入ります。

 

メリット④:偶然の出会いから、新たな仕事につながる

ワーケーションで利用するホテルやゲストハウスには、全国から人が集まります。会社では出会わないような職種の人や、旅人に出会えるのも、ワーケーションのメリットです。

ワーケーション中、部屋に一人でこもって集中する日もありますが、ラウンジで作業している時にふと会話が始まり、知り合うことも多々。

実際にフリーランスになってホテル暮らしをしてから現在も、宿で出会った方とのお仕事がほぼ6割。ワーケーションでの偶然の出会いから今の仕事につながっています。

では、どんな流れでワーケーション中に仕事につながるのか?

例えば…
一人でホテルワークをしていた時

相手「今日はお仕事でこちらに来てるんですか?」
私 「いえ、フリーランスで全国各地回ってまして」

から話が進み、お互いに仕事内容を共有する流れに。

お相手の方が新商品の開発でキャッチコピーとWEBサイトの文章に悩んでいることと、私の本業がマッチしたことで、その場でお仕事が成立。
同じ場所に宿泊して、同じ時間帯に仕事をしていただけですが、ちょっとした会話から新たなお仕事につながりました。

今やオンラインで完結できる時代ですが、リアルな出会いも重要です。直接面と向かってお話することで相手への信頼を勝ち取ることもできます。この方とは、一度お会いしただけですが、今でも継続的にお仕事で関わらせていただいています。

このようにワーケーションは、自身のリフレッシュ目的だけでなく新たな取引先やクライアントに出会えるビジネス的なメリットも多いにあります。

 

メリット⑤:気持ちを切り替えるきっかけになる

最近では、在宅勤務で鬱になる人が増えているようです。理由は、家の中の孤独環境やプライベートの充実が足りないことが挙げられています。

少し生き辛い世の中ですが、あなたの行動一つで気持ちを切り替えることは可能です。ワーケーションで日常から離れることで、鬱の要因になるものは排除できます。

”将来”や”家族”、”今後の仕事”についてなど、日々悩みは尽きません。しかし都心から離れ、自然に囲まれた環境に身を置くだけで、客観的に自分の悩みに向き合うことができます。

私は以前勤めていた会社で心を病んだ時に、3泊4日で一人山奥のホテルに宿泊したことがあります。家にいても悩みっぱなし時間ばかりでしたが、この旅行を機に気持ちを切り替えて「退職」を決意することができました。

悩みに向き合い、前に進むために気持ちを切り替えたい方にもワーケーションはおすすめです。いつもと違う環境に飛び込むのは勇気が必要ですが、きっと得られるものは大きいはず。

 

まとめ:4泊5日でワーケーションの5つのメリットを体感しよう

今回ワーケーション実践者である筆者が、5つのメリットをご紹介しました。しかし、これらは全て環境の揃った宿泊場所で感じたものであることを押さえておいてください。

Otellは月曜日〜金曜日の4泊5日プランをメインにご用意しています。
箱根や那須高原、銚子など、都内から約2時間以内で、海や山が見える宿泊施設が充実。WiFi環境やデスクなどの作業設備はもちろんのこと、温泉など宿泊施設内でリフレッシュできる環境が整っています。

私は、ネットの評価や口コミをリサーチしながら宿を決めるのがほとんどですが、作業環境が整っておらず失敗することも多々あります。

Otellなら環境確認が取れている施設プランのみを用意しているので、失敗せずに今回ご紹介したワーケーションの5つのメリットをすぐに感じられるでしょう。

また私のホテルワークの経験上、適度に人との交流ができ、自分を見つめ直す時間もとれる期間として4泊5日はピッタリです。初めてワーケーションに挑戦する人でも、無理なく楽しみながら仕事ができる期間だと思います。

ぜひワーケーションを実践して、5つのメリットを体感してみてください。
ホテル一覧へ

Back To Top