skip to Main Content

コロナの影響から多くの企業で、テレワークの導入が進んでいます。ただし、在宅のテレワークは誘惑ばかりであまり集中できず、仕事が捗らないなんて人も多いでしょう。

本記事では、集中できない原因を解明し、効果的な対策方法を紹介します。

実際にテレワークをしている筆者も「今日は本当に仕事に集中したい!」という時に行っている方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ライター:三川璃子(ミカワリコ)


フリーランスWEBライター・編集者
2019年に住居を手放し、ホテル・ゲストハウス暮らしを始める。宿暮らしにハマり「無拠点女子」というブランドを立ち上げ、全国各地の宿泊宿や地域のPR活動を行う。年間約100以上の宿・ホテルに滞在。

在宅テレワークで集中できない原因とは?シーン別に解説

在宅テレワークだと、プライベートと仕事の境界線があいまいになって、集中できないと感じている人も多いと思います。では、なぜ集中できないのか?解決方法を見つけるにはまず原因を見つけることが必要です。

家の中だと、テレビやスマホをいじってしまいがち

在宅テレワークだと、ついついプライベートと同じ気分でテレビを流しっぱなしにしてしまったり、スマホを触ってしまう時間が増えてしまいます。

これはある意味仕方のない現象です。私たちは「家は身体や心を休ませる場所」として錯覚・認識しているので、勝手に身体が動いてしまうのです。

「またスマホを触って時間を使ってしまった」と落ち込んでしまうと、余計切り替えが難しくなるので、生理現象だということも認識しておきましょう。

周りの目がないと、ふと疲れた時に寝てしまう

会社だと、上司や一緒に働く周りの人の目があるので、嫌でも働きます。勤務中に寝るだなんて、会社でしている人はほとんどいないでしょう。

ただし在宅テレワークだと、自分を正そうとする周りの目がなくなるので、ふと疲れた時に横になって寝てしまうなんてことも。

また、朝会ミーティングに出席して二度寝してしまう人も意外と多いのではないでしょうか?
在宅テレワーク中はより質の良い睡眠が必要となるでしょう。

同居人がいると気が散ってしまう

家に家族や同居人がいる場合は、さらに在宅テレワークで集中する難易度は高くなります。ついつい仕事の合間中に会話をしてしまったり、同居人の音に気が散って仕事に集中できないことも。

同居人のご飯の匂いにつられ、ランチ休憩を早めたり、退勤時間を早めるなんてこともありますよね。同居人がいるだけで視覚、聴覚、嗅覚、すべて惑わされてしまいます。

また、お子さんがいる家庭はより大変。部屋が多い家でないと子供の声が聞こえて、オンラインミーティングもままになりません。

 

【効果別】テレワークで集中する方法

テレワークで集中する方法を5つ紹介します。今すぐ手軽にできるものもあるので、ぜひ実践してみてください。

かっこ内の★の数は、効果の度合いを示しています。

【★】ポモドーロテクニックを使う

ポモドーロテクニックは、ついついスマホを見てしまいがちという人におすすめの集中力UP方法の一つです。

ポモドーロテクニックとは、集中時間と休憩時間を交互に組み合わせて行う時間管理術のことを指します。

在宅テレワーク中、1日のタスクごとに時間を振り分けがちですが、それでは途中で疲れてしまい、結局タスクが残ってしまうなんてことも。ポモドーロテクニックは、タスクごとに分けずに時間を緻密に管理していきます。

具体的な方法は以下の通りです。

  1. 25分間集中作業タイム
  2. 5分休憩
  3. 25分作業+5分休憩を合計4セット行う
  4. その後、15分休憩

このように小刻みに休憩を取ることで、疲れづらく、生産性が上がります。
25分間という限られた時間の中で、タスクを消化しようというモチベーションにもつながるので、テレワーク中も効率良く仕事を進められるのもポイント。

スマホアプリにも、ポモドーロ専用アプリがあるので、ダウンロードして管理してみてください。あえてアプリで管理することで、ふとスマホを見たときに「ポモドーロ中だからスマホは触っちゃいけない…」という抑止力がかかるので、おすすめです。

【★★】睡眠欲に勝つ!昼食を抜くと効果抜群

1日中家にいると、眠くなることも多々。在宅テレワークの最大の敵は睡眠欲といっても過言ではありません。特にランチ休憩後、睡眠欲に襲われる人も多いのではないでしょうか?

今日だけは本当に仕事に集中したい!という日は、昼食を抜くのがおすすめです。
空腹状態は集中力を最大に高める効果があるということは研究結果でも裏付けされています。

しかし、食べなさすぎてもエネルギー不足になりそうで不安という方は、炭水化物を抜くことを意識してみるといいでしょう。

眠気を起こす最大の要因は、血糖値の急上昇と急降下です。炭水化物は血糖値を上げやすい特徴があるため、避けるのがおすすめ。

昼食を抜くだけで、午前中に上がったパフォーマンスを下げず、午後もそのまま持続することができます。「今日という日は絶対に睡眠欲に勝ちたい!」という人は試してみてください。

【★★】家の作業スペース・環境にこだわる

在宅テレワークでどうしても気が散って、家の中での誘惑に勝てないという方は、作業スペースを見直したり、作業環境にこだわるといいでしょう。

 

作業スペースを集中空間にするためのポイントはいくつかあります。以下で紹介するポイントをチェックしてみてください。

  • 机の周りには何も置かない
  • ベッドと机の位置を遠ざける
  • 疲れにくい椅子に変えてみる
  • 窓際で、外が眺められるような位置にしてみる
  • デスクトップやPCスタンドを導入してみる

なるべく作業スペースには気が散るような物はおかず、まっさらな状態を保つことが重要です。「片づけなきゃ」「家の家事もしなきゃ」などの仕事以外の雑念をなくすことができます。

また、仕事で使うパソコンや椅子などにもこだわることで、より整った環境で仕事に臨めて集中力も倍増。いいものを使うことでモチベーションアップにもつながります。

気分を変える意味でも、一度家の作業スペースや環境を見直してみてください。

【★★★】家から離れてカフェに行く

テレワークは、在宅で行う人がほとんどでしょう。しかし、周囲の目がない家とカフェとでは、仕事の姿勢や集中力はガラッと変わります。

カフェには上司や同期はいませんが、周りの人が存在する環境には変わりありません。周囲の目があることで、身なりもきちんとしてパソコンに向かうことができます。

  • 仕事着や化粧をして外に出ることで気合いが入る(気持ちの切り替え)
  • 身体を横にできないので、昼寝が防止できる
  • カフェ代や移動費分を働こうというモチベーションにつながる
  • 同じようにカフェで作業している人を見て、焦る気持ちになる
  • テレビなど誘惑するものが少ない
  • 限られた時間の中で働ける

このようにカフェ作業に切り替えるだけで、仕事の生産性が上がることが間違いありません。

ただしカフェで仕事する際には、「ネット環境」や「電源」を事前に確認する必要があります。

「せっかくカフェに移動してきたけど、ネット環境がなくて仕事できなかった…」ということがないようにしておきましょう。

【★★★★】ホテルにこもって仕事をする

最近流行りのホテルワークですが、集中力アップ効果は絶大。筆者もホテルワークでの仕事の進捗度合いに驚き、ホテルやゲストハウスを巡る生活に切り替えました。

ホテルでは、カフェと同様のメリットが得られるのに加えて、「リフレッシュ効果」があることでさらに集中力が高められます。

家や都心から離れ、自然に囲まれたホテルに泊まることで、非日常を味わうことが可能に。非日常を味わうことで、集中力や創造力が通常よりも高められることは科学的にも証明されています。

さらに、観光地でしか味わえない食や体験も楽しみたい!というモチベーションにもつながり、仕事効率もアップ。
ホテルに温泉があれば、疲れた身体を癒し、次の日のコンディションを整えることもできます。

  • 他の方法を試しても、どうしてもテレワークに集中できない人
  • 数日集中して必ず終わらせたい仕事がある人

以上のような人は、ホテルワークを体験してみてください。集中できずに溜まっていたタスクも、ホテルにこもって仕事をすれば数日で全て解消できるできるはずです。

 

在宅テレワークが集中できないなら、Otellのホテルワークを試してみる

在宅テレワークで仕事に集中できない方は、効果が1番出やすいホテルワークを試してみるのがおすすめ。

ホテルといっても、集中できる環境が揃ったホテルを探すのは正直大変です。筆者も何度もホテル選びに失敗した体験があります。

しかしOtellなら、仕事環境の基準を満たした施設のみを掲載しているので、「ネットが繋がりづらくて結局仕事が捗らなかった」などということがなく安心。

また、月曜日〜金曜日の4泊5日プランをメインにご用意しているので、数日こもって仕事をしたい方にも最適です。

箱根や那須高原、銚子など、都内から約2時間以内で、海や山が見える宿泊施設や温泉付き施設が充実しているので、仕事をしつつ現地でのリフレッシュ体験もできます。

「最適なホテル手っ取り早く見つけて、仕事に集中したい!」という人はぜひOtellのホテル一覧をのぞいてみてください。

ホテル一覧はこちら

コロナの影響から多くの企業で、テレワークの導入が進んでいます。ただし、在宅のテレワークは誘惑ばかりであまり集中できず、仕事が捗らないなんて人も多いでしょう。

本記事では、集中できない原因を解明し、効果的な対策方法を紹介します。

実際にテレワークをしている筆者も「今日は本当に仕事に集中したい!」という時に行っている方法なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ライター:三川璃子(ミカワリコ)


フリーランスWEBライター・編集者
2019年に住居を手放し、ホテル・ゲストハウス暮らしを始める。宿暮らしにハマり「無拠点女子」というブランドを立ち上げ、全国各地の宿泊宿や地域のPR活動を行う。年間約100以上の宿・ホテルに滞在。

在宅テレワークで集中できない原因とは?シーン別に解説

在宅テレワークだと、プライベートと仕事の境界線があいまいになって、集中できないと感じている人も多いと思います。では、なぜ集中できないのか?解決方法を見つけるにはまず原因を見つけることが必要です。

家の中だと、テレビやスマホをいじってしまいがち

在宅テレワークだと、ついついプライベートと同じ気分でテレビを流しっぱなしにしてしまったり、スマホを触ってしまう時間が増えてしまいます。

これはある意味仕方のない現象です。私たちは「家は身体や心を休ませる場所」として錯覚・認識しているので、勝手に身体が動いてしまうのです。

「またスマホを触って時間を使ってしまった」と落ち込んでしまうと、余計切り替えが難しくなるので、生理現象だということも認識しておきましょう。

周りの目がないと、ふと疲れた時に寝てしまう

会社だと、上司や一緒に働く周りの人の目があるので、嫌でも働きます。勤務中に寝るだなんて、会社でしている人はほとんどいないでしょう。

ただし在宅テレワークだと、自分を正そうとする周りの目がなくなるので、ふと疲れた時に横になって寝てしまうなんてことも。

また、朝会ミーティングに出席して二度寝してしまう人も意外と多いのではないでしょうか?
在宅テレワーク中はより質の良い睡眠が必要となるでしょう。

同居人がいると気が散ってしまう

家に家族や同居人がいる場合は、さらに在宅テレワークで集中する難易度は高くなります。ついつい仕事の合間中に会話をしてしまったり、同居人の音に気が散って仕事に集中できないことも。

同居人のご飯の匂いにつられ、ランチ休憩を早めたり、退勤時間を早めるなんてこともありますよね。同居人がいるだけで視覚、聴覚、嗅覚、すべて惑わされてしまいます。

また、お子さんがいる家庭はより大変。部屋が多い家でないと子供の声が聞こえて、オンラインミーティングもままになりません。

 

【効果別】テレワークで集中する方法

テレワークで集中する方法を5つ紹介します。今すぐ手軽にできるものもあるので、ぜひ実践してみてください。

かっこ内の★の数は、効果の度合いを示しています。

【★】ポモドーロテクニックを使う

ポモドーロテクニックは、ついついスマホを見てしまいがちという人におすすめの集中力UP方法の一つです。

ポモドーロテクニックとは、集中時間と休憩時間を交互に組み合わせて行う時間管理術のことを指します。

在宅テレワーク中、1日のタスクごとに時間を振り分けがちですが、それでは途中で疲れてしまい、結局タスクが残ってしまうなんてことも。ポモドーロテクニックは、タスクごとに分けずに時間を緻密に管理していきます。

具体的な方法は以下の通りです。

  1. 25分間集中作業タイム
  2. 5分休憩
  3. 25分作業+5分休憩を合計4セット行う
  4. その後、15分休憩

このように小刻みに休憩を取ることで、疲れづらく、生産性が上がります。
25分間という限られた時間の中で、タスクを消化しようというモチベーションにもつながるので、テレワーク中も効率良く仕事を進められるのもポイント。

スマホアプリにも、ポモドーロ専用アプリがあるので、ダウンロードして管理してみてください。あえてアプリで管理することで、ふとスマホを見たときに「ポモドーロ中だからスマホは触っちゃいけない…」という抑止力がかかるので、おすすめです。

【★★】睡眠欲に勝つ!昼食を抜くと効果抜群

1日中家にいると、眠くなることも多々。在宅テレワークの最大の敵は睡眠欲といっても過言ではありません。特にランチ休憩後、睡眠欲に襲われる人も多いのではないでしょうか?

今日だけは本当に仕事に集中したい!という日は、昼食を抜くのがおすすめです。
空腹状態は集中力を最大に高める効果があるということは研究結果でも裏付けされています。

しかし、食べなさすぎてもエネルギー不足になりそうで不安という方は、炭水化物を抜くことを意識してみるといいでしょう。

眠気を起こす最大の要因は、血糖値の急上昇と急降下です。炭水化物は血糖値を上げやすい特徴があるため、避けるのがおすすめ。

昼食を抜くだけで、午前中に上がったパフォーマンスを下げず、午後もそのまま持続することができます。「今日という日は絶対に睡眠欲に勝ちたい!」という人は試してみてください。

【★★】家の作業スペース・環境にこだわる

在宅テレワークでどうしても気が散って、家の中での誘惑に勝てないという方は、作業スペースを見直したり、作業環境にこだわるといいでしょう。

 

作業スペースを集中空間にするためのポイントはいくつかあります。以下で紹介するポイントをチェックしてみてください。

  • 机の周りには何も置かない
  • ベッドと机の位置を遠ざける
  • 疲れにくい椅子に変えてみる
  • 窓際で、外が眺められるような位置にしてみる
  • デスクトップやPCスタンドを導入してみる

なるべく作業スペースには気が散るような物はおかず、まっさらな状態を保つことが重要です。「片づけなきゃ」「家の家事もしなきゃ」などの仕事以外の雑念をなくすことができます。

また、仕事で使うパソコンや椅子などにもこだわることで、より整った環境で仕事に臨めて集中力も倍増。いいものを使うことでモチベーションアップにもつながります。

気分を変える意味でも、一度家の作業スペースや環境を見直してみてください。

【★★★】家から離れてカフェに行く

テレワークは、在宅で行う人がほとんどでしょう。しかし、周囲の目がない家とカフェとでは、仕事の姿勢や集中力はガラッと変わります。

カフェには上司や同期はいませんが、周りの人が存在する環境には変わりありません。周囲の目があることで、身なりもきちんとしてパソコンに向かうことができます。

  • 仕事着や化粧をして外に出ることで気合いが入る(気持ちの切り替え)
  • 身体を横にできないので、昼寝が防止できる
  • カフェ代や移動費分を働こうというモチベーションにつながる
  • 同じようにカフェで作業している人を見て、焦る気持ちになる
  • テレビなど誘惑するものが少ない
  • 限られた時間の中で働ける

このようにカフェ作業に切り替えるだけで、仕事の生産性が上がることが間違いありません。

ただしカフェで仕事する際には、「ネット環境」や「電源」を事前に確認する必要があります。

「せっかくカフェに移動してきたけど、ネット環境がなくて仕事できなかった…」ということがないようにしておきましょう。

【★★★★】ホテルにこもって仕事をする

最近流行りのホテルワークですが、集中力アップ効果は絶大。筆者もホテルワークでの仕事の進捗度合いに驚き、ホテルやゲストハウスを巡る生活に切り替えました。

ホテルでは、カフェと同様のメリットが得られるのに加えて、「リフレッシュ効果」があることでさらに集中力が高められます。

家や都心から離れ、自然に囲まれたホテルに泊まることで、非日常を味わうことが可能に。非日常を味わうことで、集中力や創造力が通常よりも高められることは科学的にも証明されています。

さらに、観光地でしか味わえない食や体験も楽しみたい!というモチベーションにもつながり、仕事効率もアップ。
ホテルに温泉があれば、疲れた身体を癒し、次の日のコンディションを整えることもできます。

  • 他の方法を試しても、どうしてもテレワークに集中できない人
  • 数日集中して必ず終わらせたい仕事がある人

以上のような人は、ホテルワークを体験してみてください。集中できずに溜まっていたタスクも、ホテルにこもって仕事をすれば数日で全て解消できるできるはずです。

 

在宅テレワークが集中できないなら、Otellのホテルワークを試してみる

在宅テレワークで仕事に集中できない方は、効果が1番出やすいホテルワークを試してみるのがおすすめ。

ホテルといっても、集中できる環境が揃ったホテルを探すのは正直大変です。筆者も何度もホテル選びに失敗した体験があります。

しかしOtellなら、仕事環境の基準を満たした施設のみを掲載しているので、「ネットが繋がりづらくて結局仕事が捗らなかった」などということがなく安心。

また、月曜日〜金曜日の4泊5日プランをメインにご用意しているので、数日こもって仕事をしたい方にも最適です。

箱根や那須高原、銚子など、都内から約2時間以内で、海や山が見える宿泊施設や温泉付き施設が充実しているので、仕事をしつつ現地でのリフレッシュ体験もできます。

「最適なホテル手っ取り早く見つけて、仕事に集中したい!」という人はぜひOtellのホテル一覧をのぞいてみてください。

ホテル一覧はこちら

Back To Top