skip to Main Content

タイトル

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

ベッセルイン千葉駅前でホテルワーク、ワーケーションOtell

タイトル

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

お問い合わせ

東京から2時間以内!海の幸と天然温泉を楽しめる三浦半島でのワーケーションの楽しみ方【Otell体験記-油壺温泉 ホテル京急油壺 観潮荘】

こんにちは、「徹底的に利用者目線」で「本当に役立つ」ワーケーション情報を発信する神奈川ワーケーションNavi編集長の 福田和博といいます。私は、閉塞感のある日常に息苦しさを感じている働く方々に「新たな”非日常”の楽しみ方」をご提案したいと思い、地元の神奈川県でのワーケーション専門Webメディアの運営をしています。 そんな私が、今回Otellを利用して近場のワーケーション先として人気の「近場の温泉宿」としてオススメの三浦市「油壺温泉 ホテル京急油壺 観潮荘」にて2泊3日の「温泉ワーケーション」を体験したので、滞在の様子をお届けします!   京急線で「三崎口駅」に到着 神奈川ワーケーションNavi編集部のある桜木町駅から、横浜で京急線に乗り換えて約1時間で、三浦観光の出発点となる「三崎口駅」に到着します。 よく見ると三崎”口”駅が「マグ”ロ”」になっています(笑) 駅前からは「バス」「タクシー」「カーシェア(タイムズの車が近くに2台あります)」「レンタル自転車」など、さまざまな2次交通手段が用意されています。事前にこちらの「三浦COCOON」のサイトを確認しておくと、オススメのアクティビティや交通手段などの情報が充実して、滞在や移動の計画を立てるのに便利です。 参考:三浦COCOON|三浦半島からのあたらしいすごしかた提案 今回の滞在期間中は、三浦地区の対象エリア内を無料で周遊できるという、nearMe社の「スマートシャトル」のサービスが実証実験を実施していましたので、駅から宿泊先までのシャトル便を前日予約しておきました。 (この記事の公開時点では、サービス提供は終了していると思いますが、ワーケーション先での先進的な2次交通手段の提供例としてご紹介します) 前日までにスマホアプリで予約 時間より少し早めに、駅前ロータリーにお迎えに来てくださっているのが見えました。 ただその前に・・・ 6人乗りワゴンでの相乗りシャトルサービス 複数泊するワーケーション滞在では、お部屋で過ごす時間が長いので、飲んだり食べたりするものを多めに買い出ししておくのがオススメです。毎回「外食」では、お金的にも厳しいですからね。 今回は、バス乗り場の前にある「セブンイレブン」での買い出しと、タクシー乗り場の前の「観光案内所」での現地情報収集をして、予定の時間に相乗りシャトルに乗車させていただきました。   ワーケーション滞在では、事前の買い出しと情報収集が大切!   「お試しOtell」でホテル京急油壺 観潮荘にチェックイン 駅から宿までは、バスと徒歩なら20分ほどの距離ですが、スマートシャトルで15分で到着し、15時過ぎに、滞在先である「ホテル京急油壺 観潮荘」にチェックインです。    ホテル京急油壺 観潮荘 Otellは4泊5日が基本プランとして用意されていますが、「いきなり平日4泊5日で、月~金曜日までワーケーション滞在するのは、ちょっとハードルが高いな…」という方には、まずは平日2泊3日から体験できる「お試しOtell」がオススメです。…

太平洋を一望できるオーシャンビュー・食の宝庫銚子でワーケーション【絶景の宿 犬吠埼ホテル】

同じ場所で同じ作業をする日々はメリハリがなくなりがちで、モチベーションが下がってしまうことが悩みでした。「働きながら休暇をとれば、日々にメリハリが生まれるのでは?」と考え、Otellを利用しました。おすすめのすごし方や、滞在をゆたかなものにするポイントをご紹介します。

迷ったらここ!仕事もリフレッシュも満点のワーケーションとは?!【Otell体験記-RAKO華乃井ホテル】

同じ場所で同じ作業をする日々はメリハリがなくなりがちで、モチベーションが下がってしまうことが悩みでした。「働きながら休暇をとれば、日々にメリハリが生まれるのでは?」と考え、Otellを利用しました。おすすめのすごし方や、滞在をゆたかなものにするポイントをご紹介します。

Otellは最高!

I am text block. Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit. Ut elit tellus, luctus nec ullamcorper mattis, pulvinar dapibus leo.

Back To Top